支那とは

支那とは

誰もが一度は耳にしたことがあるであろう「支那」と言う言葉。意味や歴史などを詳しく知っている人は、意外と少ないのではないでしょうか?元々支那とは中国の通時的呼称であり、差別用語とも言われています。これは日本が戦争中に中国を侮辱する言葉として使っていたためなのです。そのため中国の国民は、日本人から支那と呼ばれるのをとても嫌っています。しかし第二次世界大戦以前は中国にあたる地域の名前としてして、日本では一般的に用いられていました。戦時中のスローガンなどにこの言葉が使われていたため、差別用語と言う認識をされるようになったのです。英語のチャイナ(China)やフランス語のシーヌ(Chine)なども同じ語源と考えられています。今でも報道などでも支那と言う言葉は原則使用しないことになっていて、あまり使うべきでは無い言葉とされています。最近ではそう言った差別的な見方を避けるために、用いる場合はシナとカタカナで表記するのも目にします。

「くじら堂」では満州・支那・台湾の資料の買取にも力を入れております。満州・支那・台湾の資料などの整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。


よろしければシェアお願いします

2018年10月に投稿したミリタリーグッズ買取くじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

ミリタリー買取くじら堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP