戦闘機プラモデルに登場する川西 紫電改とは

戦闘機プラモデルに登場する川西 紫電改とは

日本の国産戦闘機として戦時中最後の方に活躍したのは、まぎれもなく紫電改でした。この戦闘機のひとつ前に紫電と呼ばれる戦闘機がありましたが、乗組員からは非常に不評でした。そのような徹底を補うべくできたのが紫電改になります。
この戦闘機の一番の特徴は、自動フラップ装置が付いており空戦時に旋回するときに安定した動きを確保することができるわけです。これにより、失速したりすることがなくなったため敵と対等に戦える条件が揃いました。
また、敵の飛行機も防弾性を高めていましたので今までの7.7ミリ機銃では撃ち落とすことができなかったため20ミリ機関砲のみを装備することになりました。これにより、防弾能力の高い敵の飛行機を撃ち落とすことができるようになったわけです。ただ残念なことに、戦争末期に出来上がったものですので局地的にしか活躍していません。

「くじら堂」では戦闘機プラモデルなどの買取にも力を入れております。戦闘機プラモデルなどの整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。


よろしければシェアお願いします

2018年11月に投稿したミリタリーグッズ買取くじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

ミリタリー買取くじら堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP