戦闘機プラモデルに登場するメッサーシュミット Bf109G型とは

戦闘機プラモデルに登場するメッサーシュミット Bf109G型とは

メッサーシュミットBf109は、第二次世界大戦期にドイツで製造された主力戦闘機です。1934年に開発が開始され翌年には生産が開始され第二次世界大戦期を通じてドイツを代表する戦闘機として活躍しました。このため生産期間は8年にもおよび製造国であるドイツで33,000機以上が生産され、さまざまなバリエーションも多くあり15種類以上存在します。Bf109G型は、エンジンをそれまでのダイムラー・ベンツDB601から改良型のDB605エンジンに換装したものです。後期生産の主力機であり、G型をベースにしたバリエーションも多くあります。基本的にはエンジンの違いでそれまでのDB601と比較すると出力は1,332hpから1,455hpへと増大していますが、外見サイズはDB601とほぼ同一ですが重量は700kgから756kgへと重量も増大しています。また1944年にはそれまでオクタン価87からオクタン価100の燃料を使用できるようにし、MV50(水メタノール噴射装置)やGM-1(酸化窒素噴射装置)などのブーストシステムを搭載できるようになり、一時的ながらより高い出力を出せるのもDB605の特徴です。

「くじら堂」では戦闘機プラモデルなどの買取にも力を入れております。戦闘機プラモデルなどの整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。


よろしければシェアお願いします

2018年12月に投稿したミリタリーグッズ買取くじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

ミリタリー買取くじら堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP