戦艦プラモデルに登場する戦艦 長門とは

戦艦プラモデルに登場する戦艦 長門とは

当時、日本の技術はアメリカをはじめとする敵対する国々に比べると劣っていましたが、あらゆる欠陥に直面しその都度乗り越えてきたからこそ他国とは異なる強みを身に着けて成長していく事ができ、そのような最中に生み出されたのが戦艦 長門です。
戦艦 長門が生み出されるきっかけになったのは1907年に立ち上げられた艦隊計画における一隻の戦艦というものであり、計画の立ち上げから13年の年月が経過した1920年にいよいよ竣工されました。
敵対する国に遅れていたのは事実なので、他国は当初製造国が日本の戦艦に対して一切の恐ろしさなど抱いていなかったのですが、結果的には戦艦 長門で日本の見方を一変させる事になり、日本という国が決して無視できない存在になった瞬間です。
しかも、技術面で遅れているはずの日本であるのに戦艦 長門には41センチもの大きさがある連装砲が4つも搭載されていた上に、航行できる速度は26.5ノットにもなり非の打ち所がない様相から他国が戦艦 長門に特化した作戦を練り直すほどの影響を与えました。

「くじら堂」では戦艦プラモデルなどの買取にも力を入れております。戦艦プラモデルなどの整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。


よろしければシェアお願いします

2019年1月に投稿したミリタリーグッズ買取くじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

ミリタリー買取くじら堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP