軍装品の儀礼刀とは

軍装品の儀礼刀とは

軍装品とは、軍人が軍人であることを証明するために着装する軍服や軍帽のことです。刀やサーベルは武器であると同時に、この軍装品に含まれることが多く、特に日本では敗戦による陸海軍解体まで軍装品として扱われ、一定の階級にある下士官や将校などはその階級に見合った軍刀を身につけていました。その一方で武器の実用性のほか儀礼のさいに身につける儀礼刀も存在しています。儀礼刀は一定の装飾がされているもので、階級によってその豪華さが変わってきます。陸海軍解体以前には広く使われていたため、現在でも古物で見かけることができます。
現代では、武器として刀を使うことは無くなっており、日本の自衛隊を含めて各国の軍隊でも儀礼用の儀礼刀を軍装品に身につけるようになっています。なお、現代の儀礼刀はあくまでも儀礼のさいに使用される装飾品であるため、刃が付いていません。真剣ではないため所持許可証や登録証は必要としませんが、古物で刃が付いているものは、所持するためには古式銃刀剣類の登録がされている必要があります。

「くじら堂」では軍装品などの買取にも力を入れております。軍装品などの整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。


よろしければシェアお願いします

2019年1月に投稿したミリタリーグッズ買取くじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

ミリタリー買取くじら堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP