鉄道グッズのサボとは

鉄道グッズのサボとは

日本国有鉄道では列車の行先などが書いた札のようなものを取り付ける風習がありました。この札のことをサインボードと言い、この略称がサボということになります。鉄道の特徴を示す重要なグッズであるため、サイドボード、サービスボードなどの略称という説もあります。
鉄道にはサボ受けと呼ばれるものが取り付けられています。その形状には差し込み式、落とし込み式、吊り下げ式の3種類があります。鉄道に乗車する際にはその列車がどこに向かうかを即座に判断出来るようにしておく必要がありました。そこで取り付けられたのがサボ、サインボードということになります。電車などでは電光掲示板のようになっているケースもあり、取り外すことが出来ません。しかし、かつての鉄道の場合は取り外すことが出来ました。そのため、マニアの中には持っている方がいます。そこに書かれている行先など内容も重要とされます。色も重要な要素となっています。形状にも違いがあります。

「くじら堂」では鉄道模型・鉄道グッズなどのホビー・レトロ玩具の買取にも力を入れております。鉄道模型・鉄道グッズなどのホビー・レトロ玩具の整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。


よろしければシェアお願いします

2018年8月に投稿したミリタリーグッズ買取くじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

ミリタリー買取くじら堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP