「ウルトラマン紙芝居」などレトロ書籍類を買い受けました。

  • 「ウルトラマン紙芝居」などレトロ書籍類を買い受けました。
買取らせて頂いたお品
特撮の本
買取方法宅配買取
お住まい青森県八戸市
買取参考価格80,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

スタッフからのコメント

鉄道グッズ買取「くじら堂」のスタッフAです。

先日、青森県八戸市にお住いのお客様から宅配買取で、「ウルトラマン紙芝居」などレトロ書籍類をお譲り頂きました。

私は紙芝居といえば幼稚園で先生が読んでくれた思い出があります。絵本と違って絵が大きいので後ろの方に座っていてもよく見えたのが覚えています。でも憧れは昭和の頃に居たらしい紙芝居屋さんが公園などで読み聞かせてくれるのに憧れます。聞くとお菓子をもらって食べながら紙芝居を見ていたそうで、たぶん今のご時世だと色々難しいとは思いますが、楽しそうだなぁと少し羨ましかったです。あと紙芝居を見かけた場所は図書館の児童書コーナーですね。自由に見れたから友達と読みあいっこしていました。やはり大人になると紙芝居とは縁がなくなってきますが、楽しかった思い出はずっと忘れないですね。

「紙芝居」とは

紙芝居は語り部が絵を使いながら物語を話す伝統的な芸能です。昨今の日本においてはめっきり見かけることが少なくなりましたが、昭和の時代ではポピュラーであり特に子供には高い人気を誇っていました。戦時中には発信力のあるツールとして、国民の戦意高揚のため国が推奨して紙芝居が利用されていたとも言われています。しかし本来は娯楽的な内容のものが多く、子供の教育にも優秀とされていますので海外で近年注目され始めています。紙芝居は個人で作成し、自身で執り行うことが出来るイベントですからとても身近なものと言えます。市販されているものを利用するのも良いですし、一から物語を作るとクリエイティブな日々を過ごせますので多くの人にお勧めです。

「くじら堂」では特撮もの等のおもちゃ・ホビー等の買い取りに力を入れております。おもちゃ・ホビー等の整理をお考えの方がいましたら、ぜひまとめて「くじら堂」にお任せ下さい。